過去があるから今がある

今を支えているのは想い出
あの時・・
HOME

「別れ」は
   誰にでも訪れる

別れはいやだなぁ・・
死別の悲しみ

サポート・・誰かの

心のケア・・被害者も加害者も必要
心のケア

外へ出たいなぁ・・

暴力・虐待・虐め・・
暴力から逃げたい
ノンフィクション小説

暴力と認識出来ない親
  恐怖を抱える子ども

躾と称する暴力とは・・
実話からひもとく・・後遺症と対処法
ノンフィクション小説

「過去の学びは、今を支える(あの時の想い出が、今を変える)・・・!?
過去”とは、子ども時代を指します、そして、“”とは、現在の自分の事です。


子どもの頃の家庭は、安心安全な居場所でしたか。 親は仲良く、家庭の中は話し声や笑い声、
それでも、時には泣いたり悔しがったり怒ったりと、ごく自然な時を刻む家庭の中で育つ子ども。


こんな家庭が本来の姿だと思う。対照的な家庭といえば常に不安定な家庭。


例えば、怒鳴り声や暴力(DV)、離婚や再婚といった家庭内の人が入れ替わり、不安定な生活を送る家庭。
そんな家庭で育つ子どもは、“あんな大人になるもんか”、“あんな親になるもんか”、と心に秘めて成長する。


時を刻み大人になった子どもが足を止めると、“親と同じ人生を歩んでいる”、事に、気付く。
(これ・・、凹むんだよねぇ~。ジッカン)


日々刻まれる時は、あなたに、何を、届けてくれますか?
楽しみ』ですか?   『悲しみ』ですか?   『苦しみ』ですか?   それとも『怒り』ですか?

その思いは、きっと、その時折に、変化している事と思います。


そして、これらの思いは「希望」という光を導くために、『今、必要な時間なんだ』と思います。



こんな言葉を耳にした事はありませんか?  
「今は苦しくとも、きっと、幸せがくる」とか「苦しみと幸せは、1つの器の中になる」と。

この言葉の中には秘密のメッセージが隠れています、
「幸せ」とは「何もしなければ手にすることはできない、 だから、それなりに努力しなさい、あなた自身が考えて動きなさい」



みんなで幸せになりたいねっ、『虐待も、暴力も、戦争も、いらない』,欲しいのは『安心と平和』

ひとりごと

Staff Bog

PAGE TOP
MENU