⑧希望の構造/逃げられない理由

機能不全家族の中で生きていると、ごく自然に生きる希望が消えてしまいます。
それでも生きている自分を支えるには『何か、生きるための希望が必要』なのです。

    ・きっと、いつか、誰かが、救ってくれる。
    ・きっと、親は、変わってくれる。
    ・きっと、誰かが、来て、止めてくれる。

などと、叶わない希望を無意識に持ち、叶わない希望と気づいても、生きるための希望として、持ち続けるのです。(なんか、悲しいよね、それでも、希望を持ち続けてしまうのです)


●通常の希望とは、希望という箱の中には輝きが詰まっている「希望という光」
●叶わない希望とは、箱の中に何も入っていないのに「希望」として大切にする。



何も入っていない、希望」を抱いて、生きてきた人が機能不全家族の家を出ると、輝きのない中身のない空箱の「希望」を失わないために・・、無意識に選んでしまう人とは、親と同じように『虐待をするような男性』なのです、そして、同じようなストレスのかかるところに、身を置く、のです。

その後は「夫は変わってくれる」と、「希望」を持ち続ける。
これが “希望の構造” という考え方です。



体験(思い出した過去)

何か、生きるための希望が必要” この言葉に共感してしまった。(x_x)

生きるためには、生きる希望が必要 なのです。 どんな人生でも、そして、赤ちゃんでもお年寄りの方でも、誰でも、生きるためには希望が必要なのです。

私が記憶している子供時代の記憶は、ある日、突然、父親が「今日からこの人が、お母さんだ」と、顔いっぱいに笑みを広げた、父親の笑顔から始まっています。当時3歳でした。

そんな父親の顔を見たのは初めてで、私は『お母さんとお兄ちゃんの事を、聞きたいのに、聞けなかった』その当時の記憶が鮮明に残っています。その後は、周りに居る大人たちの噂話で、父親が、母と兄を追い出した事を・・耳にしました。

そうして3年が過ぎると、継母から離婚を要求された父は・・拒否。
すると、継母は自殺。この出来事は私の人生を大きく変えた事件でした。


● 今だから分かる・・・事は、
父親が離婚を決めたとき、我が家の人生の歯車は・・狂いだしていた・・事。

離婚 → 継母の自殺 → 父親の自殺 → この世に残った当時6歳の私は厄介者となる。
祖母は『死ね!』と私に連呼。私は心の中で何度も『死にたい』『殺して』と叫んだ。

そうして、約半年後に祖母の家から見ず知らずの家庭へ養女となる。過去の思い出が甦る。『死にたい』の思いと『母と兄が迎えに来てくれる』と、叶わない希望を、何年も何年も持ち続けていた。

これが『私にとっての希望の光』だったのです。

見ず知らずの養父母に引き取られたが・・心は空しかった、人目を避けて泣く日々。
「私も死にたい、なぜ、連れて逝ってくれなかった」と、空を見つめては心が騒いた。

今だから言えることは「もっと養父母たちと話をすれば良かった」と、後悔の山を持っています。



自ら死を選ぶ(自殺)ことを止めた理由

「これを食べたら死んじゃうよ、食べちゃダメだよ」と、養母から注意を受けた物を集めた。 そして、夜、布団の中へ入る前に飲んだ、でも、翌朝、目が覚める、そのたびに 「今日も、死ねなかった」と、声を漏らしながら、がっかりした事を思い出します。

自殺未遂を繰り返して、3年、小4になったある日、養母の声が、泣き声が、・・聞こえてきた。

「ふくみが死んじゃった。どうしよう、どうしよう」と、悲痛な声を響かせて「死んじゃった、死んじゃったよ、私が悪い、私のセイだ」と、養母は自分を責め続けて、泣き続けていた。

『泣き叫ぶ養母』『謝り続ける養母』『自分の責任だ』と責め続ける養母、そんな養母の姿を、宙に浮いた・・私が観ていた『あ・・私・・だぁ』と、養母の姿に、親を失った当時の自分を重ねた。
大泣きしたいのに・・口を閉ざし続けていた私・・が、今、泣いている・・と。

目を開くと「夢か・・、ごめんね、もう、しないから」と、ささやきながら、涙を拭き『ダメだよ、見ず知らずの私を、引き取ってくれた人を泣かしちゃ。』と『私が味わったあの苦しみは、私だけでいい、ごめん・・ごめんね、もう、しないから』と、夢の中の養母に誓った。

あの時の養母の姿は「親の死を見つめて、泣きたいのに泣けない、私の思い」が再現されていた。
今でも、あの夢は鮮明に記憶している・・・・・・


大人たちは子供をバカにするな

当時6歳の私に、大人たちは何も話してはくれなかった。もちろん “自殺した” 事も、
(バカにするな、子供は大人よりも観察力は鋭いんだ ゾオ。)

その理由は「子供だから、話しても分からない、話さなくともいいだろう」と、関係者が決めた。 ところが、周りにいた大人たちの口までは・・閉ざすことは出来ない。

コソコソと話し声が聞こえてくる。「自殺だってよ、可哀想に、まだ小さいのに」「大丈夫よ、小さいから、直ぐに忘れるわ」「ほら、遊んでいるじゃない」などの囁きがしっかりと聞こえてくる。

囁く声は、以外にも詳細なもの、あちらこちらから囁かれる話の内容を、私は遊んでいる振りをしながら、 ずーと聞き耳を立てて聞いていた。そして・・現状を予測した。



■子供は語ることが許されず、真実を聞くことも許されない。(大人からの無言の圧力)
そのために、心の傷は癒やされず、たった1人で抱え込み、時を刻んでいるのです。

ここには「子どもの人権などない」ですよね。

■トラウマを抱える子供のために1つ弁解します。トラウマを受けた子供が遊ぶ理由は、現実を受け止めるには、過酷すぎるから、自分の心を守るための、無識な行動なのです。


今だから解ること、

『死にたい』とか、迎えに来てくれるはずのない『親や兄』に対して希望を持っている間は、 何も見えない、この時期の私は、養父母たちの気持ちさえ考えられなかった。
過去の出来事を清算し、空箱の希望を捨てた時、始めて現状を見つめることが出来る。養父母は、もちろんのこと、学校や友だちたちのことも見えてきた。

まず、自分を見つめて、自分を認める、事から始まるのは・・・確かです。ここからスタートですね、一緒に歩きましょう、ねっ。

今は、養父母たちに会いたい、6歳から育った地が恋しい、です。
今では、家も、養父母もいない、それでも帰りたい、会いたいです。