「ママは、悠ちゃんを1度、捨てた。」と、突然、笑みをこぼす悠季がいった。
「じゃあ、今は?」と、笑みで問う未夢。「ママの気分で、悠ちゃんを拾った。」と、笑う。

上記の言葉を悠季が言ったのは、再度、共に暮らして5年が刻まれた頃だった。
悠季の言葉に頷く未夢は『やっと、悠季の本音が聞けた』と、ホッとした。

未夢は、24歳の時に良太を出産し間もなく母子2人の生活が始まった。未夢にとって良太は生きるための源となり、何でも話せる親子関係を築いていく。そんな2人の関係を未夢の友だちは『お前たちの関係変なの、恋人のようにも見えるし、夫婦のようにも見える、姉弟にも見えるな』と笑う。2人で刻む時は、喧嘩したり励まし合ったり、時には、未夢が良太に甘えたりと時を重ねて、14年。そんな2人の家庭に、突然、偽善(当時40歳)がやって来た。どうやら仕事帰りの未夢を付けて来たらしい・・。

「借金して、家賃代も滞納し、追い出された。住むところが無いから入れてくれ。」と、偽善。
「何でアイツがいるんだ、ここは、母さんと俺の家だろう。」と、良太が怒る。
「お金がないんだって、住んでいたところも追い出されたんだって・・、」と、下を向きぼやく未夢。

断り切れない未夢の性格を知る偽善は、未夢と良太の家に入り込むと、徐々に暴力で支配し始める。
未夢は『出て行け!』と、声に出来ない言葉を噛みしめて時を流す・・・・・妊娠、そして、出産。

未夢は「暴力は止めて」と、偽善に繰り返し訴え続けていた、が、
偽善は「暴力は振るっていない、ただのじゃれ合い、からかい、楽しく行こう。」と、繰り返す。

そんな偽善に振り回される未夢は、いつものように、今日も残骸を片付けていた、
そのとき、
 「昨日も暴れたんだぁ、ヒデェーなぁ、 なんだ、この部屋。」と、笑う良太。
 「もう、片付けるの、やんなっちゃったぁ・・。」下を向いたまま未夢がささやく。

 「なっ、“別れたい” って、考えているだろう。  (よくご存じで、と未夢がニコッ) 
  もう少し我慢しないか、俺、こう見えても、寂しかったんだ。
  母さんが仕事へ行って、帰ってくるまで、俺、1人、だったろう。
  そんな寂しい思いを、悠季にさせたくない。
  だから、もう少し、我慢しろよ、なっ。

  それに・・、(#^.^#) 友だちは『母親が家に居るのはヤダ』と、言うけれど、
  俺は、母さんが家にいてくれるの、嬉しいんだ、なっ、だから、なっ。」

バイトから戻った良太は、笑みを浮かべながら未夢をなだめる。

そんな良太に支えられて4人の生活を続けていたが、その良太が18歳の誕生日を目前に、バイク事故にてこの世を去った、すると、言うまでも無く未夢の心も死んだ。そんな未夢に対して「いつまで泣いている」と、ヘラヘラと言い寄る偽善。『もうイヤ!』と噛みしめる未夢が「離婚」を要求、すると偽善は『絶対拒否』。それでも譲らない未夢に対して偽善は『離婚するなら悠季を渡さない』と怒鳴った。

離婚当時、悠季2歳と偽善43歳は岩手へ、未夢42歳は慎也36歳と長野へ。

良太の死を受け入れられない未夢は『死にたい』と思いを走らせるが『悠季』の存在がその道を立つ。未夢は必死に踏ん張る、が、頑張れば頑張るほど奈落の底へ落ちた。生きる望みを失う未夢に『死ぬなよ』と慎也の一言が響く、そして『未夢が自分を取り戻し、悠季に会いに行く』サポートをする。

未夢は、悠季と別れて1ヶ月後の3歳の誕生日に再会。

未夢は『悠季を手放した』事への罪悪感を強く持ち、ドキドキの心臓を爆発させながら悠季が住む岩手へ行く、すると、僅か1ヶ月の時は、悠季を別人に変えていた。
未夢の目の前に表れた悠季は、一回り小さくなり視線は空を見つめて、ただ「ママ」「ママ」と、小さな声で繰り返すだけだった、見るからに『心、ここにあらず』状態の悠季、抱き上げた未夢の腕は胸は、更なる悠季の異常さに気付く、抱いているのに、悠季の温もりも重みも何も伝わってこない、まるで雲でも抱いているかのように、抱きしめると消えてしまう・・、手を放せば空へ舞い上がってしまう・・、そんな不安だけを未夢に伝えた悠季、遠い目の悠季を記憶に残した未夢は長野へ帰った。

悠季の異常さが気になる未夢は、偽善に『引き取りたい』と、願い出るが『渡さない』と、笑みをこぼして背を向かれた。諦めきれない未夢は、引き取りたい旨を書き連ねた手紙を書き、悠季には本や洋服などのプレゼントを用意し、 長野から岩手へ 毎月送り続けた。
その一方で、良太を失った未夢の心は、強い罪悪感と悲痛さに溺れて引きこもりを強くした。そんな未夢を見つめる慎也は「なっ、バイク運転したいだろう、免許取れ、そして乗れ」と、愚図る未夢を導く慎也。免許を取った未夢は、溢れる涙と共にバイクを乗り回した。そんな時間は、ほんの少しだけれども、未夢の心を慰めた・・、そうして1年の時が刻まれて未夢は悠季に会いに行った。

悠季4歳「ママと暮らす、ママのお家へ行く」と、泣きながら未夢にしがみつく。
その後は、話し合い裁判を起こしたが、未夢の『敗訴』

悠季の異常さが気になる未夢は強固突破を打ち出し実行した。法に背くこの行動は、精神的にも大きな罪を抱え込み情緒不安定を誘発させた。悠季は落ち着くことが出来ずに、多動という問題児の烙印を押されて、友だちを失う、すると、もう1人の自分を作り上げた。

また、偽善から離れて2年が過ぎ去ると、悠季の口から少しずつ岩手での生活が語られた。その内容は偽善が『躾と称した暴力』の実態だった。“物を投げつける”、“怒鳴る”、“殴る”、は、当然のように繰り返し、時には子猫の死骸をコタツに置き、悠季に『次は、お前だ』と、言葉では語らない『脅迫』までも埋め込んだ。そんな偽善は、悠季から自由を奪い悠季の命までも脅かし続けた

一方、悠季は自分を護るための策をとる、それは、一番無防備になる夜の睡眠時に表れた。悠季が眠る時間は大人たちが眠りに就いた後、また、その寝姿も異常だった、普通、布団の中へ入ったならば身体を伸ばして眠るのが当たり前なのに、悠季の場合は『正座したまま頭を前に倒すと、頭が布団にぶつかる』 丸まった状態で寝ていた、この姿は 「いつ、物が飛んでくるのか」「いつ、殴られるのか」 その恐怖に耳を傾ける姿勢は、物音1つにも敏感だった。つまり、どんな時でも直ぐに逃げる事が出来るその体制を自ら築いていた。 そうして悠季を自分の身を守り続けた。

悠季は、偽善の暴力から逃げるために、偽善の実家へ逃げ込んだが、実家でも「暴力では無く躾」と見なし、偽善の元へ戻された。そんな時の悠季は、いつもよりも酷い暴力に晒された

子共に暴力を振るう父親なのに、世間の目は『子煩悩で、優しいお父さん』の異名が付く。
それは、悠季が通う保育園でも、病院でも、同じように偽善は高評価だ。

偽善から離れて2年・3年の時が過ぎたのに・・・、悠季の心に住み着く恐怖は、拭い取れない。そんな自分の心に疑問を持つ悠季は、泣きながら、怯えながら、自分(心)を見つめて、自分の意思で、ひとつ、ひとつ、トラウマ(恐怖)と向き合い、克服していく。

悠季の話を、ただ聞いていた未夢なのに、その恐怖は、未夢の意識を奪い身体を硬直させた。
未夢は今でも思う「生きていてくれて、ほんとうにありがとう」と「連れてきて、良かった
何度も何度も噛みしめる・・、 悠季、3~8歳に歩んだ壮絶な時間の話です。

親の身勝手な行動が、子どもの人生までも狂わせる。
ごめんなさい・・、深く、深く、反省しています、_(._.)_<(_ _)>



未夢の願い『子供の思い』『子どもの意思』ほんの少しでも、大人たちに、親に・・届くといいなぁ。

子どもの命を守れるのは、私は親だと考えています。
その理由は、子どもと常に同じ時間を刻んでいるのだから、親が守らず誰が守る。
子どもへの虐待を止めたいのに、止められない親、その思いを強く持っていたならば、『あなたは、必ず、止めることが出来ます。』理由は、自分の行いを振り返ることが出来る人は、自分の心に、自分の意思(考え)を吹き込むことが出来るからです。

「子育てとは何?」  「躾とは何?」  「躾と称する暴力とは、いったい何?」
                そして「子供を救えるのは・・誰?」

                        一緒に考えて頂けると幸いです。_(._.)_