⑫ 失った2年(病院通いが始まった)

3人の生活を始めて、まず、悠季の居場所となる幼稚園探しを始めたが、悠季の入園に二の足を踏み2週間が過ぎた。未夢が困っている時に友だちが絶賛する幼稚園を教えてくれた。 直ぐに問い合わせると、1人の園児が引っ越しのために退園となるタイミングに出合い、悠季は入園できた。『居場所とは、悠季らしく生き生きと過ごせる場所であり安心であり楽しみな処』。

「早く通いたいな~ぁ」
幼稚園生活に気持ちを寄せる、悠季のワクワク声が高鳴る。
そんな悠季に便乗する未夢と慎也も嬉しそうに、1週間後から通う幼稚園の話で盛り上がった。

  幼稚園という居場所は、悠季に『安心』を運んできた。
  すると、今まで1人で抱え込んできた、様々な思いが吹き出した。

「悠ちゃんは、ママと暮らしたかったよ。」と、悠季が突然いった。
「ママも、悠季と暮らしたかったよ。」と、悠季と視線を合わせた未夢がゆっくり応えた。
「ママは、誰が、一番、好き?」と、真剣な顔、真剣な声で、未夢に問う。
「ママは、悠季が、一番、大好き。」と、悠季の目を見つめて・・返す、と、

悠季の顔には『嘘だ』の言葉を光らせるように、全身から不信感を露わにした。

未夢が『悠季を手放した』この現実は悠季の心に不信感を植え付けたのは・・・事実だ。
また、岩手に暮らしていた当時に周りの大人たちから、様々な話を聞いている事も予測が付く。

そんな悠季の思いを秘めて未夢へ直接問いた、この流れは、未夢にとって嬉しい出来事だった、
その後も悠季と未夢の2人の時を刻むと、悠季は同じ質問を繰り返し、未夢も同じ答えを繰り返す。

心に届く『安心』は、パンパンに張り詰めていた『心がホッ』とする事。
それは、目に見えない心の病が、目に見える病となって現れる。

幼稚園が決まって2日が過ぎると、悠季は、突然、倒れた、体温を測ると39度2分・・。
この時を皮切りに、悠季の病院通いが始まった。

「ねっ、車、出して、病院へ行く。」と、未夢の声は慎也に指示を送った。
「どこにあるのか判らないよ、」と、オロオロする慎也。
「看板を見た、日曜日だし、救急しかない、」と、悠季を抱き上げた未夢。

看板を頼りに走り続けて約15分が過ぎると、休日診療の病院に着いた。
その時、廊下を歩いてる看護師さんを目にした未夢が声を掛けた。

「すみません、保険証を持っていないのですが、診察を受ける事はできますか?」
「大丈夫ですよ」の言葉を返した後に、受付へ案内されると問診票を手渡された。

その後、看護師さんは職務に戻るように、再び、廊下を歩き始める。
また、未夢は悠季を慎也に預けて、問診票を読み始める。

「判らない、母子手帳がないから・・」と、言い訳するように未夢の声が囁かれた。
「仕方ないだろう、解るところだけ書けば、なっ」と、慎也の声が優しく聞こえる。

1問1問を読み進めていくと・・未夢は愕然とした。

いくら考えても、想像を膨らませても、悠季と離れていた2年間は・・、何も見えない、何も分からない、何も予測できない、悠季がどんな時を刻んでいたのか・・、未夢は、何も・・浮かばなかった。この事実に直面し『悠季の親としてのページに空白がある』事に、始めて・・気付いた。

ショックを受けた未夢の脳裏では『私は親と違う、子どもを捨てていない』と舞い上がっていた自分が、情けなくて、悔しくて、寂しさに押し潰された。 『失った時間はどんなに悔やんでも取り戻せない。“子供を連れてきて終わった”のではなく“始まったんだ”』と現実を噛みしめる。

そんな未夢の腕に悠季が戻ると、
まるで、失った母親の時間を取り戻すように、悠季を包み込むように・・抱きしめた。

診察室に入ると「風邪ですね、薬を出しますので飲ませて下さい。ご飯をしっかり食べれば直ぐに治りますよ。」 と、診察の手は直ぐに止まり、カルテに書き込みながら先生の声が流れた。

   未夢は、診察結果よりも『親の資格なし』の烙印に・・口を閉ざす。
   慎也は『悠季が倒れた』その事にショックを受けて・・口を閉ざす。

そんな2人が部屋へ戻ると、未夢は無言のまま悠季を布団に寝かす、
慎也は玄関周辺でウロウロ、ウロウロと落ち着かない様子で動き回る、その時、

「ご飯を食べないからだ!」と、いきなり怒鳴り「親なんだから、叩いてでも、食べさせろ!」と、慎也が抱えた不安が爆発、すると「だって、食べないんだもん。」と、泣きじゃくる未夢が叫んだ。

悠季を心配する慎也の気持ちは、怒りとなって、未夢へ飛ぶ。
その怒鳴り声は、落ち込んでいる未夢の心を切り裂く。

下を向いたまま涙を落とし続ける未夢。一方、慎也はお湯を入れた洗面器を悠季の枕元に置いた。
暖かい湯気が立ち上り冷え切った部屋の空気を暖める、と、重い空気はもっと重くなり、顔を持ち上げられない未夢に覆い被さった、そのとき・・

「おなか、すいた」と、今にも消えそうな悠季の声が未夢を労る、ハッとした未夢が涙を拭くと、顔を持ち上げて「ごめんね、怒鳴って、ごめんね」と、悠季の気遣いに笑み、
「りんご、すり下ろしてあげようか」と、声をかける未夢に悠季は、“にこっ”、と笑みをみせた。

ギクシャクな3人がそれぞれの時を刻み・・・もうじき、終わる。

翌日を迎えて熱は37度台まで下がったが、下がりきらない熱と食欲のない悠季の体調が気になり、小児科へ連れて行くが、未夢が期待する診療は受けられず、案じていた“咳”が始まった。そして、翌日も病院へ、咳の症状を話すと“喘息の診断名”だけが増えた・・。そんな病院の対応に疑問を持った未夢『実費だから? 最低限の治療のみに・・止めている・・? のだろうか・・・』と、

病院に頼ることを止めた未夢は、薬局へ寄り、呼吸を楽にするハッカ系の物を購入し家へ戻ると、塗り薬は悠季の胸と背中へ、オイルは小さな入れ物にお湯を入れ、その中に垂らして枕元に置いた、立ち上る蒸気はスースーとハッカの香りを漂わせる・・。

  悠季の寝顔を見つめる未夢、心なしか呼吸が楽になったようにみえた。
  寝顔を見つめ続ける未夢の顔に・・“ほっ”、笑みが戻った。

そのとき、仕事から戻った慎也が未夢の隣に立つ、
「病院へ、行ったんだろう、どうだった?」と、心細い声で未夢に問う。
「あっ、ごめん、気付かなかった、おかえり、喘息だって・・」

その後は、慎也の食事に付き合いながら、悠季の病状を話す・・・未夢・・

※後日、悠季が岩手で暮らしていた当時に、通った保育園と病院の電話番号を調べて、問い合わせた。その時に付け加えられた言葉は、『偽善は優しく子煩悩』という高評価だった。                       (驚いたけど、外面の良い人だから・・・納得)


⑬ 幼稚園は居場所

居場所とは家庭以外の場所で『安心や楽しみがあり、ここに、いてもいい』と思えたり 『自分が必要とされている』と感じられる処。きっと、子どもも、大人も、誰でも、必要な処です。

やっと、やっと、やって来た、悠季が待ちに待った幼稚園への登園日。それなのに、悠季は5日前から体調を崩し、昨夜は咳が酷く睡眠時間も十分に取れずに・・・朝を迎えた。

未夢は朝の家事仕事をしながら、 昨夜の悠季を思い浮かべて『休み・・かな』と、過ぎらせていると、未夢の隣で・・気配が・・、そこには制服を着てカバンを提げて立っている悠季がいた。

その姿は「幼稚園へ行く」と訴えていた。

「大丈夫? 夕べ、咳、酷かったね。今日は、幼稚園お休みしようか?」
「幼稚園へ行きたい。」と、元気のない声で、はっきりと返す。
「そうだよね、今日という日を、毎日、待っていたんだもんね、行きたいよね。」

悠季を見つめる未夢は迷った、が、悠季の思いが・・伝わってくる、今一度、体温を測ると、悠季の意志に従う事にした。 車に乗り込んだ悠季は心なしか元気がない・・ままに、幼稚園に着いた。

口を閉じたまま車を降りた悠季は、方向転換すると真っ正面で幼稚園を捕らえた。
まるで『幼稚園だ、行くぞ』と、自分に気合いを入れるように、じーと、見つめていた。

未夢が車のドアを閉めると、悠季の足は、一歩を踏み出す、幼稚園の門へ視線を延ばしたまま、進む。その姿は悠季の意思を表すように、力強く、一歩、また一歩、前へ踏み込む、

未夢は、そんな悠季の後を付いていく。

門の前には、入り口を塞ぐように大きめの幼稚園バスがドンと止まり、そのバスから降りてくる大勢の園児たちは、まるで、アリの行列のように、一列に、一直線に、門へ、向かって歩いていく。 そして入り口には、園長先生の姿があり、園児1人1人と握手して挨拶を交わしていた。

その光景に圧倒された未夢の足が止まる、悠季は全く動じずものの見事にすり抜けた、ところがその瞬間に、園長先生の手が伸び悠季の手を握り「おはよう」と、声を掛けた。

悠季の視線は、園長先生へ注がれるのではなく、握られた手をジッと見つめたまま固まった。 慌てた未夢が悠季の後ろに立つと、悠季の頭に手を置き「おはようございます」と、挨拶を促しながら、悠季の頭も下げた。

そうして門をくぐった悠季は、左手にあるプールを差し、
「プール教室へ入りたい」と、始めて声を出した。 そんな悠季にホッとする未夢は、
「分かっているよ、教室へ行くよ。ママが帰りに手続きをするからね。」と声を掛ける。

2人は、広く大きな園庭を見つめて教室を目指した。

幼稚園へ通い始めて1週間が過ぎると、悠季は園の中で行われている習い事のプリントを持って帰ってきた。その後は、体験教室を廻り、悠季が入部したい習い事をはじめる。

幼稚園へ通い続けて1ヶ月が過ぎると、悠季は目に見えて変化した。

落ち着きのない態度、何かに対して直ぐにイライラする様子、投げやり的な言葉遣いなどが・・、気がつくと消えていた。正に『環境は人を変える』と、思えた出来事だった。 また嬉しいことに悠季の生活リズムまでも整い始めた。

そんな悠季を見つめている未夢は、
悠季にとって『幼稚園は欠かす事の出来ない、大切な場所だ』と確信した。


⑭ 先生の姿勢。(幼稚園時代)

忘れられない恐怖は親から受けた暴力、その恐怖を思い出すのは『僅かな切っ掛け
すると、この時まで刻んでいた日常を刻むことができずに・・引きこもりの道へ・・。


12月、幼稚園を通い続けて3ヶ月目を迎えた。
色々バタバタする、この月に、悠季の心も乱された。

未夢がいつものように幼稚園へ迎えに行くと、“ムッ”、の表情で前を見据える悠季がいた。
いつもの悠季ならば未夢の迎えを嫌うように、友だちとおしゃべりを弾ませている、のに・・、

そんな悠季が未夢を見つけると、スタスタと未夢に向かって歩いてきた、が、 未夢の目の前で『行くよ』と、無言の指示を出し、カーブを切る、と、真っ直ぐに門を目指した。

  『ムッ』の表情のまま、車に乗り込んだ悠季は、前を見据えて、
  『早く出して』と、無言の指示を出す、そんな悠季の怒りを乗せて車は走る。

「どうしたの?」と、声を掛けた未夢、助手席の悠季は無言・・・しばらくすると、
「幼稚園へ、もう行きたくない。」と、発すると、再び、口を閉じた。

「どうしたの? 悠季は幼稚園が大好きじゃない。」
驚いた未夢が声を掛けたが、悠季の口は開かず・・、車は走り続けて家に着いた。

口を閉じたまま部屋に戻った悠季は・・、
思い詰めた表情のまま、未夢へ視線を合わせると、口を開く、

「今日ね、亜子ちゃんと花菜ちゃんと3人で遊んでいたの、
そのとき、剛君がいきなり悠ちゃんの後ろに来て、『バカガキ』『クソガキ』って言うんだ、
そしてね、後ろから突き飛ばされた。」と、一気にしゃべり続けて口を閉じた悠季。

怒る悠季と対照的な表情を見せたのは未夢、まるで、悠季の話しに微笑むように顔を緩ませていた。

今までの悠季は、未夢に気を遣い過ぎて、自分の思いを語る事がなかった、その悠季が未夢の目の前で、頬を膨らませてプリプリと怒りを爆発させた。そんな悠季の顔を見るのは、久しぶりだった未夢は、ほっと胸をなで下ろすように、嬉しさと懐かしさに包まれた。

怒った悠季の顔もメチャ可愛くて・・、思わず、
「負けるな、やられたら、やり返しちゃ、悠季なら出来る。」

笑顔満開にした未夢は、ルンルン気分で言ってしまった。
一瞬、息を呑んだ悠季の顔が『サイテイ』と語り、『プイ』と背を向けた。

「ごめん」と、慌てて謝った未夢に届いたのは『時、既に遅し』と、なびく冷たい風だった。


翌朝・・悠季の怒りは消えず、未夢を無視し続ける。
でも、幼稚園へ行けない悠季は、元気がなく、寂しさに包まれていた。

悠季が気になる未夢は「幼稚園へ行かないの?」と、声をかけるが、
悠季は、“ボー” としたまま・・・無言。

そんな悠季を目の当たりにした未夢は、自分の対応の悪さに思いっきり落ち込む。
『偽善さんと重なったんだよね、知ってる、ごめん、』と心の中で謝っていた。

未夢は渋々、幼稚園へ休みの電話を入れるが、悠季を包み込むものは『幼稚園へ行きたい』コール。

「ほんとうに、行かなくても良いの? 
今なら、まだ間に合うよ、悠季は幼稚園へ行きたいでしょ、連れて行ってあげるよ。」

必死に声を掛ける未夢、すると・・

「行きたくない、もう、行かない。」ボソボソと響かせる声。
「えっ、辞めちゃうの?」
「違う、幼稚園へ行こうかな・・」と、寂しさを広げた。

悠季が、未夢を無視し続けた1日が終わろうとしていた、その時、

「どうしました? 風邪でも引きましたか?」
電話の向こうから優しい声が未夢に届く、その声は悠季のクラス担任、祐子先生だった。

未夢の顔がホッ・・
「いえ、悠季は元気です。」と、歯切れ悪く応える未夢。
「えっ、それでは、何か、ありましたか?」

再び、問いかけてくれる祐子先生の声に、胸をなで下ろす未夢は、すがりたい思いを忍ばせて・・、視線を悠季へ流した・・が、今も、なお、未夢へ背を向けたままだった。

「実は『虐められている』と、言いまして・・、『幼稚園へ行きたくない』と、言い張って・・」

「う~ん、おかしいなぁ、悠季ちゃん、友だちとグループのような形を組んでいて、
いつも楽しそうに遊んでいますよ、虐められているようには、見えないのですが・・」

祐子先生は、悠季が園で過ごす姿を振り返りながら、登園拒否の原因を探している様子だった。
そのため幾つかの質問が未夢へ飛ぶ、が・・、未夢は、何も応えられなかった。

困った未夢の視線が悠季へ流れると・・・

「悠季に変わりましょうか?」と、声を弾ませた。
「変わって頂けますか?」と、ホッとするような祐子先生の声が返ってきた。

『そっか、そっか、初めから、こうすれば良かったんだ』と、未夢の心が少し軽くなり、 悠季へ向かう足取りも軽く弾んだ。そんな未夢が悠季へ受話器を差し出すと、

「やだ、いいよ」と、怒り口調のまま口を閉じた。
それでも未夢は、何度か、電話に出る事を繰り返したが、頑固にムサレタ・・。

「すみません、どうしても電話に出たくない、と、言い張りまして・・
本当に、すみません・・」

「大丈夫ですよ、では、明日はなんとか幼稚園まで連れてきて頂けますか?
待っていますので、」と、言葉を残して電話が切れた。

 
そして翌日、次の日、その次の日と・・、悠季は休み続ける。
また、そんな悠季を案じて祐子先生も、毎日、電話のベルを鳴らし続けた。

電話は、祐子先生の仕事が済んだ後かな・・と、思える時間帯と、自宅へ戻った夜9時前後に「こんな遅くにすみません」と、言葉を添えて、悠季を心配し続けてくれた。

未夢の視線がカレンダーを見つめると『登園拒否して・・1週間』・・と、過ぎらせると『限界だなぁ・・、なんとかしなきゃ』の思いから、祐子先生と悠季の思いを・・考え始めた。

電話も触れようとしない、悠季の怒りって・・・私だ。
それなのに祐子先生は悠季を心配して、毎日、声を掛けてくれる。
このことは悠季へ伝えたい、

そんな思いを抱えて、未夢はキッチンテーブルを拭きながら、
「いいなぁ、悠季は、先生が心配をしてくれて、良太は登校拒否をしても、先生から一度も電話をもらえなかったよ。悠季は良かったね、心配をしてくれる、先生がいて、ねっ。」

未夢の視線が悠季へ・・すると、悠季の視線が未夢へ『チャンス』と過ぎらせた未夢は、悠季の側へ飛んでいった。(この一週間、悠季は未夢と視線を合わせる事もせず、無視し続ける)

「悠季は卑怯だよ、逃げるなよ、きっと、今日も、祐子先生から電話が入るよ、
この電話は、悠季の事が心配で、先生が掛けてきてくれる、その事は判るよね。

だから、悠季は先生に応えなきゃいけない、

悠季が幼稚園へ行く、行かないは、悠季が決めれば良い。行きたくないのなら、悠季の口から先生に言いなさい。心配をしてくれる先生に、直接、悠季が応えなきゃ、ダメ、逃げてはダメ、先生と話をしなきゃダメ、悠季の口から伝えなきゃダメ、

いい?

今日、祐子先生から電話が入ったら、絶対に電話に出て、いい?  約束したよ。」

未夢が一方的にしゃべり続けて口を閉じると、同時に電話のベルが鳴った。この絶妙なタイミングに感謝しながら受話器を取ると、祐子先生の声が聞こえてきた、『やったー』と、口を閉じる未夢は、悠季に「祐子先生から」と、受話器を手渡した。

受け取った悠季は、恥ずかしそうにちょっぴり笑みをこぼしながら、物陰へ隠れた。
そうして10分くらいの時を刻むと、物陰から出てきた悠季は、未夢へ

「ママに代わって、だって」と、ホッとするような笑みをこぼして受話器を差し出す、

「明日は、なんとか連れてきてもらえませんか、幼稚園に来てくれたら、 後は、私が、なんとかしますから、是非、お願いします。 連れてきて下さい、私、待っています。」

受話器から伝わってくる祐子先生の熱意、温かさ、心強さに・・、
未夢は脱帽すると共に感謝しきれないほどの思いで、いっぱいになった。


翌朝、悠季は幼稚園の支度を終えて、未夢を待っていた。
久しぶりの登園のせいなのか、悠季から緊張が伝わってきた。

表情は強ばり口は閉ざされたまま、ちょっぴり、ガチ・・そんな悠季を連れて幼稚園へ、
ガチガチの悠季と手を握り教室へ向かうと、祐子先生は下駄箱の前に座って悠季を待っていた、

未夢の頭が下がると、先生の頭も下がり、悠季へ声をかける、
「悠季ちゃん、おはよう、待っていたのよ。」と、いつもの優しい笑顔と声が流れた。

先生の優しさに触れた悠季は、緊張がほどけ、ほんのり笑みも浮かべた。
そんな悠季にホッとした未夢「よろしくお願いします」と、頭を下げて先生と悠季を見守る。


あれから1週間が過ぎると、幼稚園へ戻った悠季に、ご褒美が届いた。

「ママ、ママ、サンタさんが来たよ♪ 手紙とプレゼント、始めて来たよ♪
岩手にいる時は来なかったから、悠ちゃんのところには来ないんだ、と思ってあきらめていたの。
うれし~い、嬉しいなぁ、うれしいな~ぁ。」

プレゼントを抱きしめて、はしゃぎ回る悠季。
そんな悠季を見つめて、ほっとする未夢の顔にも笑みが広がった。


悠季の登園拒否はこの時の1度だけ、その後は、このような休みはせず毎日の時を刻む。
悠季と先生の間にどんな話がくり広がったのか、未夢は知らない。未夢が知っているのは『悠季を救ったのは、紛れもなく、祐子先生の姿勢』この事実だけだった。

良い幼稚園に出会え良い先生に出会えた、この出来事は悠季を生き生きと輝かせてくれた。本当にありがとうございました。 親って、けっこう無力なんですよね。それでも、先生と協力する事が出来たならば『子どもは救われる』そんな実感を得た出来事だった。

未夢は悠季から嬉しい言葉をもらった「ママの子供でよかった」と。 (^^)v

※『1週間』という日数は引きこもり日数の最大日数だ、と・・、未夢は経験上から考えています。 また『引きこもり』とは、自分を見つめ直す時間、よって1人になる必要がある。でも1週間を超えると、自分に、家族に、甘えが強くなり『このままで良いんだ』と、強く思い込み、抜け出すことが困難になります、だから、その前に自ら引きこもる事を止めましょう。

※親は『子どもから相談を受ける』事があります、この流れは親としては嬉しい出来事ですね。だから、気持ちが弾んじゃう、でも子どもにしたら真剣に悩んでいる事なのです。くれぐれも未夢と同じような態度は止めましょう、親だからこそ、子供の悩みに真っ正面から向き合う姿勢が必要なのです。  ねっ、ハイ(_ _ )/ハンセイ