⑧ 過去で学んだ出来事は、今の時を脅かす!?

心が学ぶ出来事は、過去から現在に伝える。

たった数分のやりとりの中で、過去と現在の時を・・・行ったり来たりする心。
過去の出来事が苦しければ、今、刻む時も苦しい

心がざわめく・・・。

    悠季の笑顔とおしゃべりは、日々を彩る。
    そんな悠季に目に見えない 『安心』 という贈り物が届いた。

    喜んだ悠季が贈り物を開けると・・笑顔が消えた。

    箱の中に入っていたモノは『心を写す鏡』。
    その鏡は『秘密の涙』を写し『怒りと恐怖』を映し出した。

    吐き出したい怒りと恐怖。
    でも、吐き出す事が出来ない怒りと恐怖。

    そんな怒りはイライラを募らせ、
    恐怖は感情を揺さぶる。

    口を開くと、“怒鳴り声”。
    言葉を使えば、“ケンカ言葉”。

    すると、当然のように言葉を使うことに、怯える。
    口を閉ざす事によって、蠢く思いは、心と体を蝕む。
    気力を奪われ、不快感を味わい、ただ時を食い潰していた。

二家族の生活は精神的な苦痛から慎也が終止符を決めた。その流れから3人が引っ越した。
でも、悠季を見つめる未夢は、今、精ちゃんを失う事に・・・不安を抱えた。




3人の生活が、今日から始まる・・
たぶん、家庭、家族を築く時間へ・・・と・・、


「ご飯を食べよう」と、未夢が声を掛ける。
「いらない。」と、返事をする悠季はテレビの前に座っていた。
「食べないとダメだよ、食べよう。」と、歩み寄る未夢。

 精ちゃんを失った悠季の態度は一変した、と言うよりも、旅行中の悠季を思い出した。
 旅行中の悠季は、全く、食事に興味がなく『ご飯を食べよう』という意思すらなかった。
 そんな悠季に『ご飯(食事)を食べる』という姿勢を作り上げてくれたのが、精ちゃんだ。


「偽善さんは、そんな事を言わなかったよ。」と、
振り返った悠季の顔には・・笑み、が・・。

その笑みは、意図的に偽善の名を使い、比較し『今更、親面するな!』と訴えていた。
そんな悠季の意図を理解しながらも、未夢は、


「好きな物だけでも良いから、食べてよ。」と、食い下がる・・と、
うっせーなぁ、あっちへ行けよ。」と、邪険にするその姿は・・

ドスの利いた低音を響かせる、その声は、その言葉遣いは・・・正に偽善そのもの。
そんな悠季が振り返ると、冷たく鋭い視線で未夢を睨む・・・・その顔は偽善だった。

未夢の足が止まり、
偽善化した悠季の後ろ姿を見つめていた。


その時、「これ、知ってる、由美姉ちゃんと、いつも観ていたよ。」

『あっ、悠季の声だ・・ぁ』と、遠のいた意識の中で悠季を確認する未夢。
『これ、知ってる』か、また言っている、そんなの自慢しなくてもいいのに。

未夢の頭の中では、偽善と悠季が入り交じる・・もやもや・・、
それでも、視線は真っ直ぐに悠季の背中を見つめて、恐る恐る声を掛ける。

「ねっ、食べないと、死んじゃうよ、食べて。」と、囁く未夢・・に、
「死なないよ、岩手では食べなかったもん。」と、得意げに答える悠季。

     岩手での生活を語る悠季は、未夢へ怒りを飛ばす。
     あなたは私の事を知らないでしょ、
     どんな生活をしてきたのか、
     何も知らないのに、
     うるさいよ、

     悠季は『岩手での生活』に。
     未夢は『大切な人の死』に。

     悠季から速攻で返された『死なないよ』の言葉は、
     当時、良太(息子)が、未夢へ使ってきた言葉だった。
     その言葉を返された未夢は『良太の死を甦らせる』
     大切な人を失う恐怖、それに伴う孤独、人生への絶望・・
     その当時に味わった悲痛さは、
     止めどもなくこぼれ落ちる・・涙が訴える、


ぽろぽろと、こぼれ落ちる涙と共に、
「食べてよ~ぉ」と、お腹の底から叫んだ、未夢。

大声を飛ばした未夢は、自分を呼び覚ます。
大声を飛ばされた悠季は、涙と共に・・倒れた。

「ごめん、ごめんね、もう、大声を出さないから、ごめんね」
泣きながら謝り続ける未夢。

    怒鳴り声に怯える悠季は、怒鳴り声と大きな声は、同じだった。
    大切な人の死を何度も見つめてきた未夢は、という言葉に怯える。

    たった一言の言葉が・・、
    ごく普通に使われる言葉が・・、
    過去の恐怖を呼び覚ます。
   
    恐怖に戦き泣き濡れる・・過去
    そんな過去に負けまいと、必死に立ち向かう・・


心が刻む時は、あっという間に、時を超える、
心に住み着いた恐怖(出来事)は、色褪せること無く、生き続ける。
たった1つの言葉には、たくさんの感情が付いてくる。


⑨ 親権移動『却下』の意味を探る

食事が終わり、悠季は眠りに就いた。
すると、未夢のつぶやきが始まった。

「たった2年、されど2年・・、悠季にとっては、長かったん だ ろうなぁ。」
「そうだなぁ。」と、慎也の声が流れた。

「私、何度も、言ったんだぁ・・・、 『引き取りたい』『育てたい』・・って、
自分勝手なのは、十分・・判っている・・、でも、あんな悠季を見てしまったら・・、
何もせずには、いられなかった。

電話もしたんだ、でも、話なんて出来なかった、お互いの勝手な言い分が怒りになって・・
だから、手紙を書いた、月に1度か2度、『引き取りたい』『育てたい』と、頼んだんだ。
1年、続けて・・そして、悠季は4歳・・・、
あの時・・・
悠季を連れてきちゃえば良かった、話し合いも裁判もせずに・・、」

ボソボソと、後悔をこぼす・・未夢。

「難しいよなぁ、男が、1人で子育てをするのは・・、俺には出来ない。」
「見ている視線が違うね、」笑み (何を、言っている?・・と、慎也の顔)

「慎也は、いつも偽善さんの味方だね。
でも、偽善さんは1人で育てていない、“自分が育てる”、という意識がない。
それってさ、迷惑を掛けている事、だと、思う。
でも、偽善さんには、何も伝わっていない、と思う。」

未夢が口を閉じると、
「それってさ、“迷惑”って、言うんじゃない、と思うなぁ」

「由美姉ちゃん、って、ね、実家のお兄さんの娘さん、
高校生なんだぁ。この時期ってさ、自分の時間が、一番、欲しい時だよね。

お兄さんの奥さんだって、家事仕事、家の農業、そして外へも働きに行っている。
子供の手が離れて、やっと自分の時間も持てるようになっていた、と思う。

それぞれが、それぞれの時を重ねて、今の時を刻んでいる、
自分の時間を刻んでいたんだ、よ、悠季が行く前までは・・。」

「えっ、面倒を見るのがイヤなのか?」

「口では言わないょ。たとえ、思っていてもねっ・・・・・、
話し合いをしたじゃない・・、あの時の、話の内容・・覚えている?
私は、今でも、はっきり覚えている。

私は、“今後の悠季の人生を一緒に考えさせて欲しい”、そんな思いで話し合いを希望したのに、
偽善さん家族は『なぜ、離婚をした、離婚、理由が分からない』と、何度も言っていた。
悠季の話を私がしても、偽善さんも家族も『なぜ、離婚した』ばかりだった。

全く、話し合いにならなかった。
偽善さんも偽善さんの家族も離婚のことばかりで、
私が、何度も悠季の話に戻しても『いいじゃない、今、元気なんだから』で、話を切られた。

あの時の話し合いを冷静に振り返ると・・偽善さんを含めた家族全員は、さ、
みんな、私を嫌っているし怒りを抱えている。
あの時の話し合いから見えてきたのは、私への怒りだけだ。

つまりさ、私が離婚をしなければ『偽善さんは悠季を連れて田舎へ戻らなかった』と、言う事だよね、そんな、私の子どもが、悠季。悠季なんだよ、かわいいと思えるかぁ、疑問だよね。
むしろ、『迷惑だ』、『面倒を見たくない』、と思って、当然でしょ。」

「・・・・・」

「私ね、話し合いの時に気づいた事がある。
悠季の面倒を見ているのは、悠季が可哀想だから、悠季が可愛いから、じゃない。

全ては、“偽善さんのため”、と思い込んで、悠季の面倒を見ている、だけなんだと、
はっきり判った。だから、尚更、早く引き取りたかった。」

当時、未夢が離婚を要求した時に偽善は『絶対、拒否』を繰り返した。それでも譲らない未夢に対して、偽善は『離婚をするなら、悠季を渡さない』と、未夢に対して、交換条件を示した。
それは、“悠季を人質感覚で引き取った”、流れだった。

ところが偽善の家族は、悠季を連れて戻った事で『偽善は悠季と暮らしたい』と思い込み、
それなら、偽善のために家族が力を合わせると、決めた。

「・・・」口を閉じたままの慎也、

「なんだかんだ言ってもさ、一番、悪いのは、悠季を手放した、私だ。」
「そうだ。」慎也がしゃべった。


「子どもは大変だよね、親や大人たちが決めた道を歩かなければならないんだもん。
それなのに、子どもが抱える辛さ、苦しさ、悲しさは、大人たちに何も伝わらない。

そんな大人たちが観ているのは、子どもでは、なくて・・・親、
親の大変さだけ、しかも、同情まで集めちゃう、
なんか、不公平だな~ぁ。」

「そうだなぁ。」ボソッ・・と、

「話し合いの時に、言っていたじゃない、
親戚一同で悠季の面倒を見ているから、寂しくない、可哀想なのは、偽善だ
な~んてさ~。
なんて身勝手な言葉なんだろう。と思った。

大人の言い分は 100% 認めるのに、子どもの言い分は 0% って、どういう事?
子どもには、大勢の大人がいれば、それだけでいい、のか・・・、
なんて、さ、酷いよ~ね、大人の勝手な言い分、ばかり。」

「かなり苛立っているなぁ。」笑みを含めた顔で慎也が言う。
「まあね~。」2人で笑った。


裁判なんて、やらなきゃ良かった
『ママと暮らしたい』と、いったあのときに・・、連れてきちゃえば・・、良かった。」

「俺は、アレで良かったと思う、
悠季ちゃんの気持ちを中心に、裁判を起こした事
未夢と暮らしたい、と望んでいることを、訴えた事。
あれは、アレで、良かったと思う。」

「何、いってんのよ~ぉ、負けたら意味ないじゃん、裁判を起こしたんだよ。」
言葉を吐き捨てる未夢は、涙までも落とす。

「あれは、裁判官が悪いんだよ。悠季ちゃんの事を考えないから、
本当は、子どもの主張が通って当たり前だろう。
子どもの意見を聞き流すようじゃ、ダメだろう。
子どもには、自分の道を決める権利があるはずだ。」

「そうです、その通りです、でも現実は違うのよ、慎也が言っている事は理想でしょ。」
「理想じゃないよ、そうあるべきだろう。」

「裁判は、過去の資料を基に判決を下しているんでしょ、
良くさ、“判例がない”、とか、言っているじゃない、
それってさ、過去の判決を重視している証拠じゃない。」

「だから、誰かがやらなきゃ、誰も耳を傾けてはくれないだろう、
いつになっても、子どもの主張が伝わらないだろう。」

「そうです、その通りです、
でも、その誰かが、なぜ悠季なの。・・・勝ちたかったよ。」

涙が止まらない・・未夢。

「あの小さな悠季ちゃんが、精一杯、自分を主張したんだよ。
必死に、俺たちに訴えたんだよ。
その気持ちをみんなに伝えたいじゃないか、今までは大人中心だったろう。
子どもの意見なんか、通らなかったろう、
だから、変えなきゃ、ダメなんだよ。」

当時4歳の悠季は、 偽善を目の前にして未夢にしがみつくと『ママと暮らしたい』と、何度も訴えた。そんな悠季を見た偽善は怒りで真っ赤にした顔のまま、未夢にしがみつく悠季を抱えた。嫌がる悠季の腕は未夢を抱える、未夢の腕は悠季を支える、偽善は、未夢から離れない悠季を奪い取るために、力で引き離した。


慎也の主張を繰り返し聞き続ける・・未夢、
判決の結果を何度も読み返してきた・・未夢、


「そういえばさ、裁判官の判決に『子どもが母親と暮らしたいのは当然の事』『子どもが母親と離れれば寂しいのも当然の事』。って、書いてあったじゃない、

それってさぁ・・、

『子どもの気持ちを理解している』って、言っているんじゃないの・・?
つまりさ・・子どもの気持ちは理解できる、でも、それは、親権移動の理由にはならない
と、は、さ、
生活環境を変える理由にはならない・・と、言う事じゃないの?
だから『却下』なんだよ。

判決を下す元となるものは、子どもの気持ちよりも、大人が作る生活環境を優先する・・
という事なんじゃない、かな・・ぁ。」

「完全に子どもの気持ちは、無視だな。やっぱり訴えなきゃ。」

「あのね、正統派の慎也さん。どうやって、訴えるんですか?
裁判官の人たちを、裁判に掛けますか? 難しい問題ですね~。」

張り詰めた糸が切れたのか・・笑い声が舞った。

「偽善さんは、悠季と一緒に暮らしたかったのかな・・?」ぼそっ・・
「何だよ、今頃、当たり前だろう、だから連れて行ったんだろう」正当派コメントの慎也。

「わたしは悠季を連れて行った理由は、“別にある”、と、思えてならない。」
「なんでだよ、」と、また怒る慎也。

1つだけ言える事がある、大人は簡単に嘘をつくその場を繕う事もできる
でも、子どもには、そんな事はできない。

さあ、あなたは、誰を信じますか?  
大勢の大人たちの声? たった1人の子どもの声? 私はやっぱり、子どもだな~ぁ。

当時、一番気になった出来事は偽善の目の前で、悠季が言った「ママと暮らしたい」の言葉です、この言葉は偽善に対して、100% 大きな怒りを植え付けた。(未夢は虐待を怖れた)

その一方で、子どもがこれ程までに、助けを求めている場合は、紛れもなく虐待を受けている可能性が高い、そして、この状態で連れ戻された場合は、虐待が悪化する。

親権移動の申請内容にも、この時の様子や父親の暴力も訴えたけれど、裁判官には何も伝わらなかった。でも、女性の調停員さんは『直ぐに父親の異常さや暴力を理解』した。

男性裁判官たちは『親戚一同が世話をする』という表面のみを評価した、(大人の嘘)
内面の『虐待への危険度は、全く伝わらなかった』男性が審判を下す事に疑問を持った。

「法を犯しても連れ出した」この事は今でも良かったと思います、でも、その当時は常に不安を抱えていました。“もしも連れ戻されたら”、“もしも未夢が逮捕されたら”、この2点を抱えての生活は苦しかったです。そして、“住民票を移動できない” この現実は、様々な不便さを感じた。その一方で、自治体のなどのサポートにであい驚きました。

これは心からの願いです、
裁判官たちは、もっと、子どもに寄り添った判決を下して欲しい・・。もしも、あのまま偽善の元にいて、悠季の命が奪われていたら・・、と、今でも考えずにはいられない。


Page Menu⇒ <第1話> <第2話> <第3話> <第4話> <第5話> <第6話> <第7話> <第8話> <第9話> <第10話> <第11話>