はじめに

子育てに悩みを抱えていませんか? 
子育てを楽しんでいますか? 

ちなみに、私は子育てが楽しかったです、
というよりも『私が子どもに育てられていた』そんな感じなんです。(^-^)/

でもね、もしも “子育てが辛い” と感じていたなら・・・、
もしかして・・・

子ども見つめているはずなのに・・、なぜか、自分の子ども時代が・・、甦る
「忘れていた・・」と、呟いていませんか・・


実は、作者の私がそうでした、(;^^)ヘ..
そこで、お願いがあります。このチャンスを生かしてください。

自分のために、子どものために、親は自分の心を見つめて、過去を見つめて下さい。
過去と向き合う事で、新たな発見もでき、今まで締め付けてきた心がホッとします。きっと・・


このチャンスを、是非、生かしてくださいね。

時を超えて重なった
“子どもを見つめているのに、自分の過去が甦る

その事に気付けば、自分の心と向き合い、真っ正面から、子どもとも向き合う事が出来るのです。
でもね、この作業は、“自分の心の傷” を見つめる事になり、想像を超えて・・苦しいです。

投げ出したくなるほど、悲しくなったり、苦しくなったり、イライラしたり、と、
自分じゃない感情に、出会うかも知れません。

それでも、“向き合って欲しい” と、心から願います。
するとね、きっと「あんな時があったな~ぁ」なんて、ほんわか出来るようになります。

私が出来たのだから、きっと、貴方にも出来ます。(^-^)/


子育てに悩んでいる人に、何らかの気づき、何らかのヒントが・・・、届くと・・いいなぁ。

みんなで幸せになれますように・・、願いを込めて、ここに実話を掲載します。

内容は『親が繰り返した暴力と、向き合った子どもの人生』です。
タイトルは『傷ついた子供の心虐待の後遺症と対処法(心のケア)』です。

内容は全て『実話』です、よって、登場人物はすべて『匿名』です。

■このページは、実話を元に『躾という暴力』を掲載します。


◇下記は、私が抱える疑問です。
 ・なぜ?・・大人の視線は、『暴力を躾と見なす』のか、
 ・なぜ?・・父親の暴力を知っている家族なのに、『躾と見なす』のか、
 ・なぜ?・・暴力をふるう父親は、『子煩悩で優しい』と、世間の視線は高評価なのか、
 ・なぜ?・・世間大人たちは、『子供よりも親・大人を信じる』のか、
 ・なぜ?・・裁判を起こしても、裁判官は『子供の言葉よりも、親・大人の言葉を信じる』のか、


◇子どもが抱える思い。
 ・子どもは1人では生きてはいけない・・・その事を誰よりも知っているのは、子ども自身
 ・子どもが生きて行くには・・・・・・・・大人や親の手が必要なのです。
 ・虐待のある家庭に育つ子どもは・・・・・に、親の暴力を見つめています。
 ・親の暴力を見つめる子どもは・・・・・・『次は、自分だ』と、恐怖を抱える。
 ・家庭内を見つめる子どもは『孤独』を噛みしめる。 親の『暴力は脅迫』も植え付ける。


子どもとの向き合い方、接し方などのお手伝いができれば、嬉しいです。_(._.)_

お願い

■問い合わせは、設置している、問い合わせからお願い致します。
・質問、・疑問、・苦情も含めて、何か気になる事、お気づきの事など、どんな事でも受けつてます。

■決して “ない” と思いますが、くれぐれも無断転記はご遠慮くださいませ、<(_ _)>。
 あなたにご迷惑をおかけしてしまいますので、是非、よろしくお願い致します。
 詳細につきましては『プライバシーポリシー』をご参照くださいませ。


あらすじ(はじめに)

「ママは、悠ちゃんを1度、捨てた。」と、突然、笑みをこぼす悠季がいった。「じゃあ、今は?」と、笑みで問う未夢。「ママの気分で、悠ちゃんを拾った。」と、笑う。上記の言葉を悠...

詳しくはこちら

第1話 連れ出す(法を犯す①~④)

① なんでも屋さん離婚後に別れた悠季(子供)と再会した未夢(母親)は「ママと暮らしたい」と、訴えた悠季の声に沿い『親権移動の裁判』を起こしたが・・負けた。親権移動の裁判の...

詳しくはこちら

第2話 類は友を呼ぶ?(⑤~⑦)

⑤ 車(類は友を呼ぶ?)悠季と再会し一週間の旅を終えると「早く帰って、ゆっくり休みた~い」の思いが広がる。そんな思いを乗せた車は、快適に加速する。 窓の外には見慣れた景色...

詳しくはこちら

第3話 自分への怒り(⑧⑨)

⑧ 過去で学んだ出来事は、今の時を脅かす!? 心が学ぶ出来事は、過去から現在に伝える。たった数分のやりとりの中で、過去と現在の時を・・・行ったり来たりする心。過去の出来...

詳しくはこちら

第4話 お漏らし、おねしょ(⑩⑪)

⑩ お尻フリフリ♪(岩手での生活)親のご機嫌伺いをする子供は『何らかの思い』が、親へ恐怖を抱いている、かもしれない。朝を迎え、今日もいつものように慎也は会社へ、未...

詳しくはこちら

第5話 居場所とは安心(⑫~⑭)

⑫ 失った2年(病院通いが始まった)3人の生活を始めて、まず、悠季の居場所となる幼稚園探しを始めたが、悠季の入園に二の足を踏み2週間が過ぎた。未夢が困っている時に友だちが...

詳しくはこちら

第6話 自分を見つめて(⑮⑯)

⑮ アイススケート(逃げるよりも立ち向かう) 『心の病が体の病へ移行された?』と、思えたのはインフルエンザを患った後だった。病気は治ったはずなのに『何もしたくない、何も考...

詳しくはこちら

第7話 怒りと戦う心(⑰⑱)

⑰ 父親(呼び名の意味)出会いがあれば別れがある。そして『別れ』・・には、様々な形がある。また、避ける事が出来ないのも・・『別れ』なのです。突然、岩手の友...

詳しくはこちら

第8話 もう1人の自分(⑲⑳)

⑲ 心のパートナー(ゆきちゃん)『ひとりぼっちは嫌い』と心が騒ぐと、もう1人の自分を作り上げる・・かも、知れません。『過去の出来事を忘れたい』、この思いは気を紛らすために...

詳しくはこちら

第9話 心の悲鳴(㉑~㉓)

㉑ ぼろぼろ、クタクタ・・(心の悲鳴)ここ1年、毎日「もういいよ、よく頑張ったね。大丈夫、貴方がこのまま寝込んでも、誰も貴方を責めないよ」と、優しい囁きが聞こえてくる。『...

詳しくはこちら

第10話 環境がもたらす二次・三次被害(㉔㉕)

㉔ 席替えインフルエンザの病名をもらい学校を休んだ悠季は、ゆったりと時を刻み、自分の心と向き合う事が出来た。すると、慢性的な気怠さが薄れ、心なしか身体が軽くなった。...

詳しくはこちら

第11話 トラウマを想い出に(㉖~㉚)

㉖ 変化(悠季の歩みを振り返る)歩んできた人生は、楽しい事ばかりじゃない、かも知れませんね。時として『思い出したくない過去』『消したい過去』『捨てたい過去』などもある...

詳しくはこちら