他人に迷惑をかけない・・とは?

想い出を圧縮?!

ここ数日、我が子が歩んだ人生を・・振り返っていました。(整理していると過去が甦る)
実は、かなり凹んでいます、私という親はなんてわがままな奴なんだろう、と・・。

写真・絵・作文・当時のテスト結果など・・見つめて思い知ったのは、親が歩んだ人生を子供は歩むしかない。そして子供の人生は『環境が大きく関わる』事を・・改めて、考えさせられた、気分です。

他人に迷惑をかけない

私は『他人に迷惑をかけない』この思いを強く持ち、生きてきたつもりでした、が、樹木希林さんの話を聞いていて『他人に迷惑をかけない』の考え方が、こんなにも大きく違うことに驚くのと、樹木希林さんの考え方を、私がほんの少しでも持っていたならば・・、もっと、早く、色々気づけたのかなと、考えさせられました。

今、振り返ると私が歩んだ人生は、
ただ・・私のわがままを、子供に押しつけてきただけ・・なのかな・・?
と、考えずにはいられない・・凹む。

もしも、私が、樹木希林さんの考え方を、少しでも・・持っていたなら、
養子縁組をして下さった養父母たちに『養子縁組解消』と言われても、居座れたのかも知れない。

一拍、距離を置いて、しっかり物事を、振り返って、考えていたならば・・、
言われるがままに、すんなり従っていなかったかも・・

私が考える『他人に迷惑をかけない』とは、簡単に言えば『無条件で相手の言葉に従う』こと。
どんな場面でも『従うことが、相手に迷惑をかけない』事と思い込んでいた、ので・・。

でも『養子縁組解消』と言った養父母の本当の気持ちは『返ってこい』だったのかも知れない。
樹木希林さんの言葉で、そう思えた。

だめだなぁ・・私。

私があの時養父母の元へ戻っていたならば、色々なことが変わっていただろうなぁ、と、
思えてならない。

そうだよなぁ・・、1度、家族になったんだもん。

今更、後悔しても仕方ありませんが・・・・・

戸籍や環境は、人の人生が大きく変わる・・出来事・・じゃないか・・と、今更、実感しています。

当時の私は、見ず知らずの養父母たちに、これ以上、迷惑をかけてはいけない・・、迷惑をかけられない・・と、きれい事を並べていただけなのかも知れません。でも、それは、養女という責任から逃れただけだったのかも・・知れません。

その証拠に、養子縁組解消後は、
シングルマザーの私は子供を抱いて、気兼ねなく養父母が住む家へ帰った。

そんな事をするくらいなら、解消を拒否れば・・・と、樹木希林さんが言っているような・・_(._.)_ 『他人に迷惑をかけない』この姿勢をもっと深く考えるべきだった・・と、、今は思う。

樹木希林さん、もっと早く教えて・・なんて、ねっ。

ほんと・・私は、ダメな人生を歩んだものだ。
子供の時間と平行に歩んだ家庭内の出来事を重ねると・・・めげる・・ダメな親。
そんな私の人生にいつも振り回されるのは、
我が子の人生「・・ごめんなさい・・」と、謝ってももう遅い、ッス。

後悔・・満タン。


写真・・って、思い出だよね。

この思い出って『自分の心を温める物』そんな気がします、
つまり、私にとって大切な思い出は家族にとっては『厄介なもの・・かも』知れない。

だって、私が他界した後は、悩みそうだから、
それなら私の手で、始末しようかなの思いから・・終活の1つ、と。

『終活』の思いからアルバムの整理を始めた、
今までに、何度も何度も振り返ったアルバム、写真を見つめては、笑ったり、泣いたり・・、
あの当時を思い出して・・、ほっこりしたり・・、落ち込んだり・・。

自分の中では、思い出を整理することなんて出来ない・・と、思っていたけれど・・、
見直してみると、私の子供時代の写真は、切り刻まれて、私1人、の写真ばかり・・なんです。
この理由も、今では、私だけが知っている事、そうなんです、楽しい思い出ではないのです。

そんな思い出を、一冊にまとめたアルバム。
また、約20年前に他界した息子の写真が・・三冊、合わせて四冊を整理しました。

私の過去なんて誰も見なくて良い、
そんな思いを見つめていると、いとも簡単に始末できた。(*^o^*)

一方では、残したいアルバムもあります。
それは、2人の子ども、それぞれに、育児日記を私は付けていました。
そこで、この育児日記と写真を合わせて、一冊のアルバムをつくり、子どもにあげました。

なかなかの出来映えに、自己満足。(^-^)/ 子どもが子育てをしたときに、何らかの役に立つといいなぁ、ヒントになればいいなぁ、そんな思いを忍ばせた、アルバムができました。上出来です♪


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です