片付けをしながら・・見つめているのは、やっぱり過去の時間、そこで見つけた写真を観て描いてみた、お披露目(笑)
また、いろいろと・・疑問がわく・・ちょっと書き連ねてみます。

仕事は、なんのためにする? 『やっぱりお金かな・・。』
そのお金は、何に使う?   『生活のため?』『子供のため?』『老後のため?』

なん~て、きれい事かな・・本当は・・?  本当は・・?  何に使う? ・・・・できる事ならば、自分のために使いたい・・、と過ぎるものの、1人で生活をし、稼いだお金を自由に使えたなら・・・何に使う・・と問う、

そもそも「私が、1人で生活をしていたら・・働いていたのだろうか・・?」 ここに疑問を持ってしまった・・(^0^)

また、この歳になって、今、思う事は、
『老後って・・?』『働けなくなったら・・?』『認知症になったら・・?』『動けなくなったら・・?』

そんな事を過ぎらせて・・・めちゃ、モヤモヤ。

実は、つい最近まで、これからは自分のためにお金を使いたい。通信だけど大学に入って資格とって・・・、やりたい勉強、欲しい資格、片っ端からとってやる~、、なんて・・・・・。ところが・・脳が崩壊している事を再認識しちゃって・・。

息子が死んだとき・・私の脳は崩壊した。脳も心も興奮しているときは、何も感じなかったのに、文字も読めたし、何が言いたいのかも理解できたのに・・・・。数年後、精神的に落ち着いてきたときに・・・突然、脳が停止。

『脳が停止した』と、話すと「真っ白になったんだ」と、言われるけど、真っ白とは全く別物です、
真っ白になった経験を持った人なら伝わると思いますが、

真っ白って、大きな、ふわふわした真っ白なものに、ふわ~と、包まれた気分なんだ、
まるで、誰かが、何かが、守ってくれたように、感じた。だから、見えるものは “真っ白” なんだ。

でも『脳が停止』した気分は現実を見ているんだ。この間、テスト問題を読んでいるときに脳が停止。
目の前の文字をただただ、じーと見つめていた・・。この症状を私は『脳が停止』と、言っています。

試験を受けているときに、突然『脳が停止』、ビックリしたけど、
「あっ、そうだ、私の脳はあの時に壊れた」と思い出した、仕方ない・・もう新しい事は学べないのかな・・・と、凹む。

救いは、あの当時よりも、ずっとずっと・・、軽傷。
だって、文字が読めるし、文字も書ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA