攻められる人と攻める人。でも、問題は、それだけじゃない・・・第三者の存在。

なぜ、虐めや暴力、言葉の暴力は、無くならないのだろうか?

きっと・・無くならないんだろうなぁ・・と、思う・・・・・
けれども、“仕方が無い”・・と、諦めたくはない


ニュースを見つめてショックを受ける事件は、たくさんある、けれども・・、
その中でも『性暴力の事件訴えた』、なぜ、この人への攻撃をする。

ほんの一瞬で良い、“もしも自分が性暴力に遭ったら・・”、
そして・・・、そのとき、“あなたはどうする?” と、自分に問いて欲しい。

きっと、殆どの方は、訴えることに躊躇するでしょう。
だって、その後の自分を考えたら、訴える事に大きな不安を抱き、悩む、と、思うからです。


この事件は、訴えることに悩む女性の気持ちを利用した、“卑劣な犯行、性暴力”なのです。
つまり、女性たちの気持ちを代弁した出来事なのです。感謝し応援して当たり前なのです。

それなのに、それなのに、今も尚、SNSなどで暴力を受けている。

どうして、どうして、被害者は、二次・三次被害を受け続けるの。
やめてよ、なぜ、どうして、そんなに苦しめる・・・・・。


アメリカでは、人種差別問題がデモとなって叫ばれている。

虐めや暴力なども、人種差別と同じだと思う。
弱い者へ向けられる暴力は、社会でも、家庭でも、職場でも、学校でも、起こっている。

そして、今では、SNSという場で、言葉の暴力を連呼し続けている。
なぜ、そんなに人の心を砕く・・・・・

そんなこんなから問題点を絞り出すと、『第三者の存在』・・じゃないか、と、


被害者はいつも1人なのに、加害者には同罪となる仲間や傍観者がいる。
1:数人・・・・、第三者の存在は大きい・・・、と、考えます。


・加害者の言葉を否定も肯定もせず、無視する人も加害者である。

第三者が示した行動・態度』で、思い出す出来事は沢山あります、が、その中でも『死ね』と、言われた時は、驚きました。自慢じゃ無いけれど、虐めや暴力体験は何度もあり、怒り狂う相手を目の前にしてしまうと、私は冷静になってしまう。

するとね、色々な事がはっきり見えてきます。

たとえば・・・

怒り狂って暴言を飛ばす人は、“仲間はずれに怯えている”? ・・と『可哀想な人』とか、
では一緒になって言っているのに、口を閉ざす第三者、を見つめて『卑怯な人』とか、
『一体、貴方の望みは何?』と、その人の表情や態度を見つめて、勝手に分析したり・・・、


私はやっぱり、変なやつです、ね・・・(‘-‘*) _(._.)_



※下記は、そんな体験の1つです。

「あなたよね、子どもが死んだのに生きている親って、なんで生きているの。私だったら絶対に死んでいる、なんで、あなたは生きているの、なんで死なないの。ねっ、ネッ、」と、

怒りは私へ飛ばし、仲間には同意を求めていた。
(仲間の人たちは知らんふり、“私は関係ない”と)

この人は私の事など何も知らない、もちろん、私もこの人を知らない、この時に始めて出会った人。
それなのに仲間で言い合っていた内容を、無責任に口にして、私へ怒りまくっていた。

そんな様子を冷静に見つめていたのは、私。
『こんな人は世の中に沢山いる。
私の事を何も知らないのに、噂話だけで、いたぶる人。
でも、どうして、怒りながら連呼するんだろうか・・、
もしも、私が死を選んだら、この人はどう思う? イヤ、何も思わない、その事だけは解る。
私が死んでも、この人には何も伝わらないし、何も思わないし、何も困らない、
だから無責任な暴言を吐くんだ、それだけは明白だ』と。


自殺したプロレスラーの方の言葉を思い出す・・・、
“これらの言葉は、私が幼い頃からずーと心に秘めていた言葉です”、と。

実は、見ず知らずのこの方に言われた言葉は、私自身が子どもの頃から、ずーと、ずーと、心に秘めていた言葉なのです。だから怒鳴られながら
知っている、そうなんだ。でもね、死ねないのよ。私は、自殺した人を知っているし、残された人の思いを誰よりも私自身が知っているから、あの苦しみは、私だけで良い、誰にも味合わせたくない』と。


辛いんだ~ぁ、大切な人の死を見つめることは、苦しんだ~ぁ、もう会えないことは、
残った人の苦しみは言葉では表しきれない、残った人しか解らない悲痛さがある。


その苦しみを、貴方が大切に思う人に、背負わせないで、
お願いだから、死なないで・・、おねがい・・・



安易に人の心を傷つける言葉や行為はしないで・・、
貴方が考えているよりも、本人は、もっと、もっと、苦しんでいるのだから、


※ 私が、一番、問題視しているのは、『第三者』

上記に記載した場面は、小学校に入学した子どもの父兄が集まる集会の場。話し合いが終わり「解散」の声が流れた瞬間だった。(部屋には約30人ほど、怒鳴り散らす人が座るテーブルには5・6人)

私が一番ビックリしたのは、
傍観者の存在と一緒に言い合っていた仲間の態度だった。


怒鳴っている内容は『なぜ死なない早く死ね今も生きている事に恥を知れ』と、
誰が聞いても、そう聞こえる内容だ、しかも、何度も何度も繰り返した。

でも、誰1人として、この人の口を止める人はいなかった

私の脳裏で過ぎったのは、
『これが、虐めか、クラスの中で、こんなことが起きたら、ここには居られない』。

残酷だよね、虐めも家庭内暴力も・・・ホント止めて欲しい。
第三者が声を上げて欲しい。

裏では、好き勝手なことをしゃべり続けているのにね、(陰口)
面と向かっては、自分だけを保護している・・・・。

なんか、卑怯だね。

怒鳴り続けられて、いい加減にしての思いで「私だって、死を考えたよ、で・・」と、話している途中で「そうでしょ、そうよね、死ぬわよね、それが当たり前よね」と「なんで、貴方は生きているの」と、またまた怒る。

終わらない怒りを振り切って、私は、この場を離れた。




自殺を夢見る、あなたへ

あなたは幸せな人生を歩んできたのかな・・?
そんな思いが・・広がる。

大切な人を失った・・・そのとき、

どんな思いに包まれると思いますか?
嫌われた・・ゴミを捨てるように・・捨てられた。

なぜ、私は生きている?
私はゴミなのに、なぜ、私は死ぬことも許されないの?

ゴミだから・・?

私は、なぜ、この世に生まれた?
必要とされていないのに、ゴミなのに・・。

どうすれば、死ねるの?
死にたいのに、死に方を知らない・・と、当時、小学生時代の私の心。

大切な人を失うと、自分の心までも失う。
そんな自分の心との葛藤の日々が続いた。

自分が生きているから、みんなが不幸になる。
自分が生きているから、家庭の中で暴力が始まる。
自分が生きているから、学校で虐めがある。
自分が生きているから・・・・・・・、と。

それでも・・・生きている。
この命が尽きるまで・・・・・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です