本の紹介

自分の心を知るために、学んだ本を紹介します。

■ここに掲載している本は『心の傷(PTSD)』を学ぶ授業にて使用した本が中心です。また、私のお気に入りも数冊忍ばせています _(._.)_
■本の紹介文は、本に記載されている内容を載せています。
■「読んでみようかな」と、思えた本に出会えたなら、幸いです。

★「トラウマへの対処」:トラウマを受けた人の自己理解のための手引き。
トラウマを受けた場合に心身にどのようなことが起こるか、自分自身が知ることが重要
『JG・アレン著(一丸藤太郎訳):誠信書房:5200円+税』

☆「封印された叫び」:心的外傷と記憶、児童・性的虐待、凍りついた記憶からの脱却
『斎藤学著:講談社:1800円+税』

★「壊れない子どもの心の育て方」:レジリアンシー = 心の回復力が子どもを救う
ポリス・シリュルニック著(斎藤学・柴田都志子訳):KKベストセラーズ:1500円+税』

☆「傷ついた子どもの心の癒し方」:子どもは助けを求めている
『シンシア・モナハン著(青木薫訳):講談社:1140円+税』

★「子どもを亡くした家族への援助」:喪失体験への患者支援ガイド
『バーバラD・ロソフ著(梅津裕良・梅津ジーン訳):メチィカ出版:2600円+税』

☆「誕生死」:流産・死産・新生児死で子どもを亡くした親の会
『親の会・著:三省堂:1300円+税』

★「死別の悲しみを癒す」:家族を亡くしたあなたに
『キャサリン・M・サンダーズ著(白根美保子訳):筑摩書房:2400円+税』

☆「心的外傷と回復」:トラウマ問題はすべての私たちの問題である
『ジュディス ・L・ハーマン著(中井久夫訳):みすず書房:6800円+税』

★「引き裂かれた子どもたち」:親の離婚と子どもの精神衛生
『池田由子著:弘文堂:2000円+税』

☆「離婚しても子どもを幸せにする方法」:子どもの幸せは親のこんなひとこと…
『イリサ・P・ベイネイデック キャサリン・F・ブラウン著(高田裕子訳):日本評論社:2200円+税』

★「沈黙をやぶって」:子ども時代に性暴力を受けた女性たちの証言+心を癒す教本
『森田ゆり編著:築地書館:2000円+税』

☆「ファミリー・シークレット」:傷ついた魂のための家族学
『ジョン・プラッドショウ著(香咲弥須子訳):青山出版社:1748円+税』

★「犯罪被害者支援」:アメリカ最前線の支援ステム
『新恵里著:径書房:2500円+税』

☆「犯罪被害者の心の傷」:トラウマからの回復をめざして
『小西 聖子著:白水社:1800円+税』

★「現代のエスプリ:犯罪被害者」:その権利と対策
『諸澤英道編集:至文堂:1165円+税』

☆「なにが幼い命を奪ったのか」:池田小児童殺傷事件
『角川書店:1000円+税』

★「アダルト・チルドレン癒しのワークブック」:本当の自分を取りもどす
『西尾和美著:学陽書房:1800円+税』

☆「現代のエスプリ:トラウマとアダルトチルドレン」:その権利と対策
『斎藤 学 編集:至文堂:1190円+税』

★「災害とトラウマ」:トラウマとは何か、その長期的影響と回復へのストーリーは?
『こころのケアセンター編:みすず書:1900円+税』

☆「子ども虐待 ケース・マネジメント・マニュアル」:子どもたちの笑顔と未来の…
『芝野松次郎 編:寺本典子:有斐閣:3000円+税』

★「虐待された子どもたちの逆襲」:母よ、あなたが私に人を殺させた。
『佐藤 万作子著:明石書店:1800円+税』

☆「少年にわが子を殺された親たち」:少年法の陰に置き去りにされた家族の物語
『黒沼 克史著:草思社:1600円+税』

★「騙しも盗みも悪くないと思っている人たち」:悪いことを平然とやる人がなぜ…
『スタントン・E・セイムナウ著:石川鈴子著:講談社:1800円+税』

☆「トラウマの臨床心理学」:トラウマとは何か
『西澤 哲著:金剛出版:3200円+税』

★「心的トラウマの理解とケア」:厚生労働省研究班によるマニュアル
『金吉晴:JHO:2000円+税』

☆「アダルトチルドレン・シンドローム」:自己発見と回復のためのステップ
『W・クリッツバーグ著(斎藤学・白根伊登恵訳):金剛出版:2000円+税』

★「アダルトチルドレンの心理」:うまくいかない家庭の秘密
『ジョンC・フリエル・リンダDフリエル著(杉村省吾・杉村英子訳):ミネルブェ書房:2000円+税』

☆「悲嘆の心理」:悲しみの基礎心理学
『松井 豊 編:サイエンス社:2500円+税』

★「トラウマ(PTSD)」:心の後遺症を治す
『ディビッド・マス著:大野裕・木村寿美子著:講談社:1942円+税』

☆「人は傷つくとどうなるか」:いやな思い出がいつまでも私を苦しめる
『加藤 進昌・樋口 輝彦著:日本評論社:1700円+税』

★「自殺の心理学」:誰もが一度は考える自殺、決行する人、思いとどまる者の差は…
『高橋 祥友著:講談社現在新書:640円+税』

☆「子どものトラウマ」:子どもの虐待の問題をとらえなおし、傷ついた子と親の…
『西澤 哲著:講談社現代新書:660円+税』

★「対象喪失」:悲しむということ
『小此木 啓吾著:中公親書:680円+税』

 


※まだまだ、ご紹介した本はありますが、・・この辺にしますね。
今回ご紹介した本の中には、自分の心に “何らかの切っ掛けを見つけた”、そう思えた本にも出会えた、また、こんな考え方があるんだ・・と、改めて本の偉大さにも気付けた。

“トラウマとは何か”、そのトラウマを理解することで自分の心が楽になったり、自分の心のケアが出来たり、家族や友だちの気持ちに寄り添うことが出来る、と思えた学びでした。

本は凄いですね、
今まで自分の心が理解できなかったのに・・理解できるように・・そうそう、私が勉強を始めたときは、完璧なトラウマ(PTSD)の最中でした。(^^)v

本は、いいですね♪
自分が知らないことを教えてくれる、(^-^)/