死別の悲しみ

「小鳥はいいな、私も小鳥になって、
いろいろなところに行きたいな、ママにも会いに行きたいな・・」

『東日本大震災で親を失った遺児たち』毎日新聞掲載:2013年1月27日

『死別』とは、残された者の悲しみ・・なんだょね。
お願いだから、自ら死を選ばないで・・おねがい、おねがいです。
残された者は、自分を責めます、、苦しみます、、

下記に段階を書いていますが、この順番通りではありません。
また、何度も・・何度も・・繰り返されます。

第一段階「最初の反応はショック」
第二段階「喪失の認識」
第三段階「ひきこもり」
第四段階「癒し」
第五段階「再生」